FXで最も重要なレバレッジのリスクとリターン

FXで最も重要なレバレッジのリスクとリターン

FXいわゆる「外国為替証拠金取引のメリットの1つに、「少ない資金で大きく運用できること」が挙げられます。この証拠金に対する取引可能金額の比率を「レバレッジ」と言います。もともと、レバレッジとはテコの原理のことです。テコを使うと小さな力で大きな仕事ができるように、金融の世界でレバレッジという場合には、少ない資金でその何倍もの運用効率をあげることを意味します。

 

 

少ない資金で何倍もの金額を運用

「外貨ex」の場合、このレバレッジを10倍か、30倍、50倍、100倍、200倍のコースを選ぶことができます。レバレッジ10倍コースの場合、10万円の証拠金で1万ドル(1ドル=100円として100万円)の取引ができます。つまり証拠金に対して約10倍の金額分の取引ができるわけです。レバレッジを効かせる取引は、うまく予想があたれば大きな利益を得ることができる半面で、予想がはずれた場合には大きな損失を被るリスクがあります。

 

したがって、外国為替証拠金取引では、レバレッジのメリットとリスクをしっかり理解しておくことが必要です。

米国株安を受けて利益確定の動きが先行しそうだが、需給調整後は底堅い展開が期待される。米FOMCでの量的緩和第2弾(QE2)の予定通りの終了や慎重な景気見通しを示したことについての驚きはないだろう。バーナンキFRB議長は日本のサプライチェーン寸断の影響といった一時的な影響であり、年後半からの景気回復を見込んでいる。需給状況としては、サプライ回復による生産正常化や復興期待などを背景に、日本市場へ資金がシフトしやすいとみられる。